本づくり協会

本づくり学校

Posted on 2017-05-14
美篶堂×いのちの木「本づくり学校」基礎科5期の2回目の授業は「こうき綴じ」です。

 

2817年4月22日、横浜の「いのちの木」で本づくり学校基礎科5期の2回目の授業が行われました。

授業に先立ち、上島先生にはサプライズで花束が贈られました。

これは、先日、日本タイポグラフィ協会の「第16回 佐藤敬之輔賞」を、美篶堂が受賞したことのお祝いです。

 

blog_20170422-1

応用科2期生を代表して石黒さんから、上島先生に花束が贈られました。

 

◆特定非営利活動法人(NPO) 日本タイポグラフィ協会◆

http://www.typography.or.jp/index.html

 

2回目の授業のテーマは「こうき綴じ」という、和装本の技法の一つです。

「四つ目綴じ」とつくり方は似ていますが、装飾性のあるかがり方が特徴です。

和紙を一枚一枚折っていくときには「折ヘラ」と呼ばれる道具を使います。

折りヘラの材料になるような太い竹は、近年、数が減っていて、竹細工の職人も入手するのが難しくなってきたそうです。

 

blog_20170422-2

折りヘラの持ち方や角度、動かし方など、たくさんのチェックポイントがあります。

 

すべての本文用紙を折ったあとは、「水引き」や「水寄せ」と呼ばれるプレスの工程です。

この技法は和装本独特のものだそうです。

和紙を水で濡らすことで、大きな力をかけることなく、しっかりと折り目をつけることができるようになります。

本文は、最後に「こより」で仮綴じして、完成させます。「こより」は漢字では、「紙縒り:紙を縒<よ>る」と書きます。

実はこの「こより」をつくるところが、多くの生徒さんが苦戦するところです。

 

blog_20170422-3

しっかりと固く縒られた「こより」

 

本文の仮綴じの次は、いよいよ「表紙かけ」「糸かがり」と工程が進みます。

「こうき綴じ」は「四つ目綴じ」よりも綴じ穴が2つ多く、6つの綴じ穴に順番に糸を通していきます。

少しだけ複雑な綴じ方ですが、落ち着いてやれば大丈夫!

 

blog_20170422-4

完成した「こうき綴じ」の本。端材でつくった「しおり」は、家でお留守番をしているお子さまへのお土産にするそうです。

 

「こうき綴じ」は「康煕綴じ」や「高貴綴じ」とも書き、大型の和装本などに用いられる技法です。

家系図や芳名帳、大切な作品集などにも使ってみたいですね。

 

文・写真:本づくり協会サポートスタッフ(R2)

 

 

Posted on 2017-05-02
美篶堂×いのちの木「本づくり学校」基礎科5期が始まりました!

2817年4月8日(土)、横浜の「いのちの木」で本づくり学校基礎科5期の最初の授業を行いました。
1年間、本づくりを一緒に学ぶ仲間には、栃木や福島、新潟から通う人もいます。
また、今期はブラジル出身の方も受講しています。日本の製本技術に興味があり、来日した際には、ぜひ学んでみたかったそうです。
まずは、オリエンテーションで1年間の授業の概要が上島先生より説明されます。
夏の製本合宿のこと、卒業作品となる絵本製本のことなど、期待と不安がふくらみます。

オリエンテーションの後は、さっそく実習です。
初日のテーマはA4サイズの「カルトン」です。
カルトンはデッサンやクロッキーをする際に画板として使われることもありますが、授業では2枚一組の「紙ばさみ」として使えるカルトンをつくります。
ちなみに「カルトン」の名前はフランス語の「carton(厚紙)」に由来するそうです。
美術に関わる方にはおなじみですが、自分で作ったことのある人は少ないのではないでしょうか。
表紙には製本用の布クロスを使いますが、その大きさはA3サイズよりも大きなサイズです。
広い面積に均一に糊を塗るのは難しいのですが、最初の授業でチャレンジすることには意味があります。
実は、基礎科の最後の授業は「コーネル装」の予定ですが、そのサイズもA4サイズです。
1年間の修行の成果を自分自身で確認して欲しいという思いが込められているのです。

 
blog_20170408-1講師の手元を間近で見るために、講師を取り囲むようにして生徒が集まる光景は、これからの授業でも繰り返される光景です。

 
blog_20170408-2講師の紙の扱い方、刷毛の動かし方に注目することが重要です。

 
最初から講師と同じように道具を使うことはできません。
しかし、何度も繰り返し練習していくうちに、基本の動作が皮膚感覚として身についていくのです。
慣れない作業ながらも、最後は全員、無事に完成することができました。

 
blog_20170408-3できあがったA4サイズの「カルトン」

さまざまな製本の技法を学んだり、材料を選んだり、絵本づくりのテーマに悩んだりの1年が始まりました。

文・写真:本づくり協会サポートスタッフ(R2)

RSS Feed  Tags:,
Posted in Blog | Comments Closed

 

Posted on 2015-08-12
8月29日(土)本づくり学校A4カルトン(美篶堂伊那製本所)

美篶堂伊那製本所にて月1回のワークショップを開催します。

カルトン

内容:A4カルトン
開催日:8/29(土)
時間:14時~16時30分
場所:美篶堂 伊那製本所 〒396-0111長野県伊那市美篶6768-2

A4のカルトンを制作します。
カルトンとはフランス語で『厚紙』『紙箱』などの意味になります。
広辞苑などにも使われる製本クロスを使用します。製本技術の基本が詰まっているので、
初めての方でも楽しんで頂けます

詳細お申し込みはこちら

RSS Feed  Tags:, ,
Posted in Blog, Gallery | Comments Closed

 

Posted on 2015-06-23
7月20日(月・祝)本づくりカフェのお知らせ

7月20日(月・祝)本づくりカフェを仲町台いのちの木で開催します。

開催日:2015年7月20日(祝)
時 間:13時~17時
場 所:いのちの木
    〒224-0041 神奈川県横浜市都筑区仲町台1-32-21
           アルス仲町台せせらぎ公園壱番館102号室

★体験コーナーにご参加いただけます。
「ワークショップ:ブロックメモノート(こどもバージョン)」(予約不要)

blockmemo

RSS Feed  Tags:,
Posted in Blog | Comments Closed

 

Posted on 2015-06-15
本づくり学校in美篶堂伊那製本所 3期生募集開始のお知らせ

本づくり学校in美篶堂伊那製本所 3期生募集を開始しました。
詳細は下記の通りです。

2015年度 「本づくり学校」第3期 講義内容

【基礎科前期】
前期日程予定 (10回)
①8月29日、②9月5日、③④10月3日、⑤11月7日、⑥12月5日、⑦1月30日、⑧3月5日、
■授業内容■  
①.オリエンテーリング+A4カルトン 14時~17時
②フランス装+ブックケース 14時~17時 
③④.活版印刷 座学+組版+印刷実習 13時~17時
*18時~21時キャンドルナイトミーティング有(本づくり学校理事、高岡昌生(嘉瑞工房)、影山知明(クルミド出版)+県立長野図書館 平賀 研也館長が参加予定)
⑤活版印刷の扉を入れて、布表紙の角背上製本 14時~17時
⑥デザイン(本文)(予定) 14時~17時
⑦デザイン(表紙)(予定) 14時~17時
⑧絵本製本(⑦⑧で作成したものを製本します。) 14時~17時
※2月はお休みです。  
   

【基礎科後期】
後期日程予定 (8回)
⑨⑩4月2日⑪⑫5月7日、⑬6月4日、⑭⑮7月2日、⑯8月6日、⑰9月10日⑱9月11日(自由参加)
⑲(自由参加)11月予定 東京印刷博物館にて印刷の勉強会(自由参加)

■授業内容■  
⑨⑩和綴じ 2種 13時~17時 
⑪⑫蛇腹本、クライスターパピヤ 13時~17時
⑬糸かがり2種 14時~17時
⑭⑮革のスケッチブック 13時~17時
⑯A4 サイズのコーネル装 14時~17時
⑰丸背上製本(横浜の4期生と合同) *親睦会 
⑱伊那谷ブックツーリズム(予定) 10時~12時 (自由参加)
⑲東京印刷博物館にて印刷の勉強会 (自由参加)

(注:担当講師の都合上やむを得ない理由により、授業の日時の変更になる可能性があることをあらかじめご了承ください。)
※基礎科修了展を行う予定です。

 ・ 応募要項

【基礎科】
【授業期間】2015年8月29日~2016年9月10日(自由参加授業11月に有り)

【応募資格】
高等学校卒業程度の学力のある方 ただし、2015年4月1日現在、大学等の高等教育機 関に在籍中の学生は応募できません。 定員以上のご応募の場合、これまでの美篶堂 が講師をした製本ワークショップや「本づくり学校」オープンスクール参加者を優先 します。

【募集定員】
一般募集(10名)

【受講料】
【基礎一年コース学費】
入学金  
10,000円
授業回数(全18回)
100,000円
―――――――――――――――――――――――
 
合計110,000円(税抜)
 
【 一括支払い(消費税8%)】
 
合計118,800円
【分割支払いの場合】
〔前期〕
60,000円 (税込64,800円)
〔後期〕
50,000円 (税込54,000円)
 
合計118,800円

*基礎的な材料費は含みます。(参考書籍は含まれません) 。
さらに自分で使ってみたいものは各自持参ください。
製本道具は必要分を各自負担で揃えていってください。(お貸出も致します。)

交通費、実費 定員に満たない場合は、授業を1回づつのワークショップとして開く予定です 。
*受講者の都合による授業欠席の場合、授業料の返金は致しませんが、材料とテキストはお渡し致します。

【募集期間】
2015年7月6日(月)~7月24日(金)

—————————————————————————-

【お申込み】
応募申請書に必要事項をご記入の上、メール(hondukuri@misuzudo-b.com)でお申し込み下さい。
(ファックスの場合は03-5282-3265までお送り下さい)
受理いたしましたら、一度メールでご連絡差し上げます。
(携帯電話メール二返信ご希望の場合、当方よりメールが受け取れるよう設定をお願い致します。)

*受講者希望多数の場合、講師による選考が行われる場合があります。
定員以上のご応募の場合、美篶堂製本ワークショップ、
いのちの木「本づくり学校」オープンスクール参加者を優先します。

【結果の発表】
8月1日(土)までにメールでご返信致します。

【受講手続き】
授業料納入のご案内を致しますので、期限までに銀行振り込みにて納入ください。
***ご一括、もしくは分割2回 のお振込でお願い致します。***

【運営・本づくり協会】 http://www.honzukuri.org/
手製本や活版印刷等、本づくりに携わる技術と文化継承を目的とした任意団体(2014/12/27発足)
■活動内容■
・本づくり学校 運営
・本づくり学校のテキストつくり
・本づくりカフェ 本づくりの学びを社会に発信し、地域につなげる活動
・会報作成
社団法人化を目指し準備中
■理事メンバー■
NPO五つのパン ・美篶堂・嘉瑞工房・クルミド出版 ・ea
お問合せは美篶堂ショップ内 上島迄、お願い致します。電話(03‐5282-3265)

RSS Feed  Tags:
Posted in Blog | Comments Closed

 

Posted on 2015-05-08
本づくり学校in美篶堂伊那製本所 三期生募集オープンスクール募集のお知らせ

本づくり学校in美篶堂伊那製本所における
基礎科三期生募集オープンスクールの募集を開始しました。
オープンスクールの詳細とお申し込みは下記の美篶堂オンラインショップからどうぞ。

http://misuzudo.shop13.makeshop.jp/shopbrand/009/X/

横浜都筑区いのちの木で開催中の「本づくり学校」基礎科三期生は、
美篶堂伊那製本所で開催の運びとなりました。

日々本が生まれる製本所に1年間通っていただき、
製本のほか、活版印刷、編集、デザインまで、本づくりを体験いただきます。

基礎科三期生の募集前に、オープンスクールとして、製本ワークショップを開きます。

5月30日 角背上製本 14時~17時
6月6日 和装本四つ目綴じ 14時~16時30分
7月4日 文庫上製本 14時~17時

基礎科三期生の募集は7/10~31を予定しており、カリキュラム、費用を公開します。

三期スタート
8/29 カルトン
9/5 フランス装
10/4 活版印刷(髙岡先生)

※今後の予定は決まり次第、お知らせします。
基礎科3期生の募集を開始しました。

RSS Feed  Tags:,
Posted in Blog | Comments Closed

 

Posted on 2015-02-28
tumblr更新「本づくり学校 第18日目 — 最後の授業を終えて」

IMG_4350

ついに「本づくり学校」基礎科、すべての授業が終わりました。
締めくくりに、親方からお話がありました。

「長い間がんばってまいりましたけど、このコーネル装が最後ということで。
みなさん大変よくできているんですね。
なかなか1回目でこんなにスムーズにできあがるとは思いませんでしたけど、
非常にいいものができましたので安心しております。

つづきはこちらから。「本づくり学校 第18日目 — 最後の授業を終えて」

RSS Feed  Tags:,
Posted in Blog | Comments Closed